信頼できる一戸建て住宅のメリット

What's New
信頼できる一戸建て住宅のメリット

中古一戸建て住宅の点検口について

中古一戸建て住宅の点検口について、その重要性とチェックポイント等を交えながら説明いたします。中古一戸建て住宅を購入する際に、是非気を付けておきたい項目として、点検口の有無が挙げられます。点検口とは床下や天井裏、屋根裏などの状況を確認するための蓋であり、これが取り付けられていない住宅は中がどのような状態になっているか確認ができず、また不具合が生じている場合も手の施しようもありません。新築住宅においても点検口を設置していないような物件は避けるべきであり、ない場合は是非取り付けてもらう必要があります。

点検口の付いている物件において、床下で確認しておきたい項目としては、基礎の状態や土台の状態です。基礎においてはひび割れや、鉄筋がむき出しになっていないか、土台においては腐っていないか、破損していないか、また白蟻被害に合っていないかなどを確認します。また床下全体を通してカビや水漏れが発生していないか、配管の腐食や劣化がないかどうか、また基礎に断熱材が施工されているか、換気の状態はどうか、などの項目を確認しましょう。屋根裏で確認しておきたい項目としては、断熱材の有無と状態、雨漏りが起きていないか、換気の状態などをチェックしましょう。これらの項目を徹底的に調べるためには建築士などの専門家に相談するのもお勧めです。

イチオシサイト