信頼できる一戸建て住宅のメリット

What's New
信頼できる一戸建て住宅のメリット

再建築不可の一戸建て

建築基準法第43条では、建築物の接道義務を定めています。都市計画区域内で、道路に2メートル以上接していない土地には、新しく建物を建てることができません。一戸建て住宅の場合、一度解体すると再建築できなくなってしまいます。これは災害時に避難経路を確保することが第一の目的であり、ほかに採光や通風のためでもあります。

再建築不可の一戸建ては、資産価値が大幅に下がってしまいます。そのため住宅ローンが組みにくくなります。また転売するにしても、買い手がつきにくいというデメリットがあります。都市部には接道義務を満たしていない土地が多く、しばしば再建築不可の中古住宅が見られるので、購入の際には注意する必要があります。

再建築不可の一戸建てでも、リフォームすれば快適に住める場合があります。また一般に価格が安いため、転売する気がなければ良い買い物になるかもしれません。価格が安ければ、投資物件にしたとき利回りが高くなりますから、賃貸目的で再建築不可の一戸建てを購入する人もいます。このようなメリットがあるため、もっぱら再建築不可の物件を扱う不動産業者もあります。購入するなら欠点を把握した上で、メリットを活かす方法を考えましょう。