信頼できる一戸建て住宅のメリット

What's New
信頼できる一戸建て住宅のメリット

一戸建ての住宅性能表示

一家建てを建てようとする場合、建設業者と建築請負契約をしますが、一般の消費者であればその家の性能について客観的な判断基準や数値があればととも安心ができると思います。そういったものがなければ、専門家ではない一般消費者は、建物についての性能を評価することは非常に困難です。

住宅の性能というのは、例えば、どの程度の地震に耐えられるかといった耐震性能や、火災に対してどの程度強いのかと言った防火・延焼に関する性能といった災害系の性能もありますし、採光や音響、通風といった衛生面・快適さの性能もあります。さらに、バリやフリー化しやすいのかどうか、長持ちしやすくするための配管などのメンテナンスがしやすいのかどうかといったものを指します。

基本的には、新築で家を建てる場合、建築基準法に則ったものでなければ建築確認申請は通りませんので、法で決められた最低限の安全・衛生面についてはクリアしているはずです。しかしそれ以上のことは非常にわかりにくいです。そこで、こういった内容を判断するために、住宅性能表示という制度が設けられました。任意の制度ですが、国が指定した専門機関が上記のような項目10個について数値で判断を示してくれる制度です。この制度を利用すれば一戸建ての性能評価判断が一般消費者にとってもしやすくなります。

イチオシサイト