信頼できる一戸建て住宅のメリット

What's New
信頼できる一戸建て住宅のメリット

一戸建ての境界線からの距離について

都市部で一戸建て住宅の敷地が広くない場合には、隣の家のトラブルが特に発生しやすくなります。建物が密集して建てられているため、小さな生活音でも騒音に聞こえたり、雨水や植木の枝が境界線を越えたりすることがよくあります。

一戸建て住宅の外壁は、境界線から50センチ以上離して建てなければいけないと、民法に定められています。しかし同時に、地元の慣習などがある場合には、慣習に従えばよいとも書かれています。他方、建築基準法では、耐火構造の壁なら境界線に接していてもよいとされています。そこで建築基準法を「慣習」と見なし、境界線ぎりぎりまで家を建てている場合がしばしば見られます。

また民法では、境界線から1メートル以内の場所に窓やベランダを作るときは、隣の家が覗けないように目隠しをつけることとしています。しかし、この場合も慣習が優先されるため、必ずしも目隠しはつけられません。判例では民法より建築基準法が優先されており、建ててしまった方が勝つと考えたほうが良いかもしれません。だからといって、隣の迷惑を考えず勝手な構造の家を建てるのは感心できません。良い近隣関係を築くためにも、増改築の際には最大限の配慮をしたいものです。

イチオシサイト