信頼できる一戸建て住宅のメリット

What's New
信頼できる一戸建て住宅のメリット

一戸建て住宅の特殊な構造について

一戸建て住宅において、採用されている特殊な構造形式について説明いたします。住宅においては構造部材として耐力壁が一般的に採用されていますが、耐力壁を使用すると、大きい開口部を作りにくく、また耐震等級を重視した場合は、さらに耐震壁の量を増やすことが必要になるため、窓の少ない暗い部屋になりがちです。このような耐震性を優先するがゆえに、住まいの快適性が失われる状況を解消する手段として、門型フレームという工法が存在します。一般的に耐震壁は、構造用合板という強度が強い板を柱と柱に決められたピッチで釘打ちして固定する形式となっています。

門型フレームは構造用合板のように面材を使用することはなく、柱と梁だけの文字通り門型の枠自体が地震に対して抵抗するため、一般的な構造用合板仕様の耐力壁と同等に扱えるというメリットがあります。なおかつ門型の形状であるため、開いている部分は開口部として利用できるため、開放感のある窓サッシを設置することが可能です。木造の一戸建て住宅は壁が構造部材になっているため、デザイン上あまり個性を出しづらい傾向にありますが、一箇所でも門型フレームを設置することで、印象に残る外観と開放的な室内空間が得られるというメリットがありますので、お勧めです。

イチオシサイト