信頼できる一戸建て住宅のメリット

What's New
信頼できる一戸建て住宅のメリット

一戸建て住宅の地盤について

一戸建てを購入した後のトラブルが多いのが建具の悪さなどです。勿論建具を取り替えるなどの処置で改善できれば簡単ですが、不同沈下によって床や壁がゆがんで傾いたりしている場合には大変です。最近での一戸建てでのトラブルは増えているようです。重要なのは建売住宅や分譲地の地盤がどうなっているのかという問題です。既存の市街地を買って、そこに家を建てる場合は問題はありませんが、しかし埋め立て地や斜面を削って造成地などは地盤の強化の点で不安がありますので事前に確認する必要があります。特にそこの土地が沼地や田んぼだったりした場合には埋め立てからある程度の年月が経って安定した地盤の上に家が建てられているのかも担当者に十分確認する必要があります。

又、地盤調査の専門の会社に調査を依頼すればより安心です。特に傾斜地などは盛り土部分が十分に安定しているか、水抜き処理なども行われていなかったりすると地滑りを起こす可能性もあり、そうでなくても既存の地盤と盛り土部分の不同沈下を起こし、家が傾いたり、浮き上がったりすることがあるので十分な締め固めが必要になります。このように住宅を建てる前には地盤を見極めればトラブルは減ります。

イチオシサイト

  • 事業資金の調達方法のご相談はコチラから。